ルート図&断面図へ
デジブック西穂高(2)へ
デジブック西穂高(1)へ

 何十年ぶりの北アルプスになるのだろうか?。
「西穂高岳を登りたい」と思って久しい。
今日Mさん、Kuさんと私の三人で登る事になった。
 川越を5:30頃Kuさんの車で出発上信越道、長野道路等を経て松本から新穂高温泉に入った。
 案内に従って鍋平高原(白樺平?)の第二ロープウエイ下の駐車場に到着したのは9:50頃であった。

 ここは第一と第二ロープウエイが連なって乗りついで行く事になるが、そのふたつ目から乗り始める。
料金は往復で2700円+荷物代も徴収されるので荷物の重さを測るのだが11kgで+200円=合計2900円だった。
 切符をなくさないように財布にしまいこんでロープウエイに乗り込んだ。
写真のように2階建てのロープウエイで120人乗りだという。
約7分間の乗車で上の駅に着いた。
ここから歩いて約1.5H西穂山荘への道のりは様々な花が咲いている。

 

ミヤマコウゾリナ   →

カニコウモリ

ロープウエイ

10:25

11:45

西穂山荘到着

 ロープウエイを下りたのが10:25ごろでここ(西穂高口駅)であらかじめ作ってあった登山届けを提出BOXに入れてから樹林帯の登山道を登っていった。
 
 道や山荘周辺には様々な高山植物が咲き目を楽しませてくれる。

 約1.5Hの登りをひと汗かきながら登っていった。
 山荘に着くと既に大勢の人達で賑わっていて側にテント場があるのだがそこには平日だと言うのに20張り以上も張られていた。
 「さすがは北アルプスだな〜」
と感心する。

 今日はとにかく西穂山荘までたどり着けば良い日程なので楽だ。
 受付も13:00にならないとできないのでとりあえず別館にて焼酎の宴会兼食事をした。
外はどんよりと曇っていてあまり期待は出来そうにないが、丸山から独標あたりなら問題なくいけそうなので水筒を一本ぶら下げて散策というか明日の偵察に出かけた。

 独標の写真を拡大すると小さな白い丸が見えるがそれがルートで×印はそちらへ行ってはいけない・・・と言う意味です。→
 
 今日の時間
川越発5:30−白樺平P9:50
西穂山荘発12:45−独標14:09 ー西穂山荘着16:00


 尚偵察途中13:00過ぎに稜線の左側に県警のヘリが何回ももホバリングを試みるが濃霧の為断念、更に14:50頃は稜線の逆側でも同様の行動が見られたが、あとでデジタルニュースで見た所1件はピラミッドピーク付近、1件は稜線の逆側の岳沢でも事故があった模様。


 二日目
4:00に起床自炊場にてMさん持参のコンロでラーメン、カップめん、オニギリ等で朝食 5:20には山荘を出発した。
 空はどんよりとして雨はまだないがカッパをつけての行動だ。
 昨日の事故を踏まえ危険を感じたら即行動を中止して戻る覚悟であった。


 独標から西穂までの間は約10峰の急な岩峰を登下降していく。
 独標が11峰で西穂が1峰になる。辺りは濃い ガスに覆われていて岩も濡れている。
 2時間ほどかかってピラミッドピークについた。
ここで意外な話を聞いた、つい先程この先7峰付近で事故があったと言うのだ。
 昨日の事故とは別の話しだという。
休憩して歩き始めると先程私達を抜いて行った若者二人が戻ってきた。「この先へ行っても眺めが望めそうもないので戻ります」と言っていた。
 雨足は強くなったり弱くなったり時には止んだりしていた。
 そのうち鎖場に出た、鎖と言っても縦の鎖ではなく狭い道と平行に張られていて左は完全に切れ落ちている。
 しかし他の場所と比べて特に危険な場所・・・とは思えなかった。

 鎖の中に男性二名がいた、その沈痛な表情から遭難者のお仲間である事はすぐに見て取れた、二言みこと会話をした。
 その人達のことを思うと極めて心は重かった しかしその先を目指す事にした。
 
それは何故・・・?この程度の天候であれば山頂を踏む事は不可能ではない・という信念があったから・・・。
 慎重に慎重に一歩ずつ確認しながら歩いた、そしてようやく9:00を少し回る頃山頂に着くことが出来た。
 「ホッ」とした瞬間だ。  

 

タテヤマアザミ→

独標(手前のピークがそれ)
クリックで拡大

14:18

焼酎で乾杯

12:14

独標〜西穂の眺め
クリックで拡大

13:03

ピラミッドピーク

7:38

二日目

7:16

9:10

西穂山頂

急な岩稜の登下降
クリックで拡大

西穂の花@
西穂の花A
西穂の花B

各クリックで拡大画像が見れます。

 途中経過の様子等はデジブックでご覧ください。

<HOME>

 何十年ぶりかで訪れた北アルプス
それは素晴らしい景観と美しい花々で私達を迎えてくれることと確信していました。
 しかし山の上の機嫌はあまり良くなくてほとんどが曇りでたま〜に雲の切れ間から山波が見える程度の天気で残念でしたが、取りあえずは山頂を極める事が出来て満足です。
 またこの二日間で同じルート上で3件もの事故が発生し重苦しい雰囲気での登山でもありました。

この貴重な体験を生かしより安全な登山に努めるつもりです。

今日のまとめ
西穂山荘5:20−丸山5:22−独標6:50−ピラミッドピーク7:35−西穂高岳9:10〜9:45−独標11:15−西穂山荘12:20
西穂山荘13:00−ロープウエイ西穂高口14:20
駐車場着15:03でした。

総行動時間は5:20〜12:20=7:00ちょうどでした。
山荘〜西穂高口までの1:20を+すると8:20です。

西穂の花B

西穂の花@

西穂の花A

110816~17 西穂高岳