標高が上がるに連れてほとんどラッセル状態となった。惣岳山到着は13:00頃・・・ハラ減ったな〜!。

12:28

雪が深くなった・・
クリックで拡大

11:11

左への巻き道
クリックで拡大

120202清八新道〜御前山
<ルート図&断面図へ>
<デジブックへ>

 川越を6時半にスタートkuさんと奥多摩駅を目指した。
順調に7:50頃到着したので
館林から電車で来るkiさんを待つため駅前の役場の駐車場に待機した。
8:37到着予定だ。駅で8:40頃合流して奥多摩湖に向い駐車場から歩き始めたのはちょうど9時ごろであった。

 奥多摩湖の南岸の道(奥多摩湖憩いの道)を歩いていくと橋を渡ったところで道が狭くなる。
 ここから暫く水窪沢の左岸(右側)を行くと前方右側に赤っぽいリボンの目印が見える。
そこの少し手前右側に小さな標識が有って「小河内峠→」書かれている。
踏み跡が直進方向がかなりハッキリしているために、そのまま行きたくなる所だがここは必ず右へ曲がって行かねばならない。
 前回はここを直進してしまった為に途中で引き返すハメになった。
水窪沢方向には入らず湖岸の道をもっと先まで歩いても清八新道には出られるようだが、その分若干距離が伸びるので、この道を行くのが正解だと思う。

奥多摩湖駐車場からスタート

9:00

 守衛所のワキを通り堰堤の上〜湖岸の南側の道を行く。ゲートが閉じているが問題なく通過可能だ。

 橋を渡ると道は狭くなる。下の写真の標識がありここを左折する。↓

クリックで拡大

橋を渡る

 水窪沢沿いの道をしばらく行くが、途中右手に小河内峠への標識が有る。
 踏み跡は直進方向の方がずっとハッキリしているので、かなり注意していないと見過ごしてしまう。
 標識も小さくて目立たないので要注意箇所である。

 ここだけが解りにくいが後は標識も完備していて分かりやすい。

 右手に入りジグザグで急な道を登っていく。



 暫くの急登でやがて尾根に到着。
右手から登ってくる清八新道の旧道と合わさる。

 尾根は防火帯となっていて、かなり広く歩き易く明るくて明瞭な道となる。

 水窪山へのきつい登りを我慢して登って行くと、やがて小河内峠へのまき道が現れた。
 ここを斜め左に巻いていく。
 水窪山へはきつい登りがつづくが、巻き道〜小河内峠へは若干傾斜が弛む。
 そして少しの登り返しで小河内峠に着いた。
エメラルドグリーンの水をたたえたダムが美しい。
 寒くて休憩もままならず写真だけ撮って次のポイント 惣岳山を目指した。

9:48

右の踏み跡を辿る

10:05

11:08

水窪山へ

11:32

小河内峠
クリックで拡大

急な尾根道を振り返る
クリックで拡大

10:37

尾根に出た

10:05

小河内峠の標識

9:14

ゲートは閉じているが通過出来る

さらさらとした雪

惣岳山

12:57

12:02

惣岳山と御前山が見えた
クリックで拡大

12:12

御前山

13:22

 惣岳山からほんの少し下りになってホット一息入れる。
 頑張って30分ほどでようやく目的の山頂 御前山1405mに到着した。
 いままでに4回ほど訪れているがこのコースとこの雪の季節に来たのは始めての体験だ。
 ここからは木々に遮られて大した展望はない。
 登るのが大変な割りに展望があまり良くないので、カタクリの季節を除いてあまり人気がないのもうなずける。
 山頂にはベンチが置かれているが、とにかく寒くてとてもここで食事する気にはなれない。
 空腹を我慢して350mほど先の避難小屋まで行く事にした。

 10分ほど下って避難小屋に着いた。
ガラス張りの立派な避難小屋だ。
アイゼンと靴を脱いで部屋に上がってくつろいだ。 ここでようやくお昼にありついた。
ゴ〜〜〜というコンロの音を聞いただけで心まで温まるような気がした。
 
 カップラーメンとオニギリの、下界では決して贅沢とはいえない食事だが、ここではそれが何よりのご馳走だ。
 kiさんが持ってきてくれたコーヒーを煎れて呑む・・・芳香が当たり一面を包んだ。
 40分ほど休憩して外に出ると大岳山が目の前に良く見えていた。

 御前山への登り返しは休憩したお陰でパワーが復活したのか、それほど苦労せずに過ぎて、惣岳山から奥多摩湖を目指して一気に下って行った。
 標高差約900mの下りだ。

避難小屋

13:32

大岳山が・・・
クリックで拡大

14:22

駐車場帰着

16:47

急な斜面を下る

雪がまばらになって・・

14:56

16:13

今日のまとめ
*川越発6:30−(車)ー奥多摩駅着7:50ー(待機)ー8:40−奥多摩湖着8:50

 奥多摩湖駐車場9:00−登山口(橋の所)9:48−小河内峠への分岐10:05ー尾根に出た10:37ー小河内峠11:32ー惣岳山12:57−御前山13:22
 *登り(駐車場ー御前山)=4時間22分
−避難小屋13:32〜(昼食)〜14:20ー御前山14:35ー惣岳山14:56−駐車場への分岐16:30−奥多摩湖駐車場16:47
 *昼食&休憩(避難小屋にて約40分)
下り(御前山ー奥多摩湖駐車場=2時間12分)

 総行動時間は9:00〜16:47で7時間47分でした。

今日は男性メンバーだけ3人の歩きだったのですが、和気藹々と男性ならではの話しも弾み楽しい歩きが出来ました。
休憩もアイゼンの脱着や食事以外は水のみと写真撮影ぐらいで、腰を下ろしての休憩はありませんでした。
(気温が氷点下で寒かったせいもありますが・・・)

 登山者とは一人も会わず一日が過ぎました。
今日は平日のせいもあるでしょうが、
前回の1月29日も土曜日にも拘らず誰にも会う事が無かったので、この時期の御前山は人気がないのかもしれません。

 しかし私たち3名は冬枯れの木々の合間から見る奥多摩湖や山波の美しさや雪景色に満足した一日でした。
 なんと言っても予定通り歩ききった満足感で、こころが満たされて帰宅た事は言うまでも有りません。

HOME
<ルート図&断面図へ>
<デジブックへ>