×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

12:30

桃の花・・・?
クリックで拡大

100410 大霧山〜
    皇鈴山〜登谷山

ルート図へ

 ちょうど桜が開花して一年で一番良い季節を向かえているがこのところ天候不順な日が多く、休日というと寒い日が多かったが、今日の土曜日は降水確率30%で暖かいと言う予報であった。
 朝起きた時はドンヨリとした空で多少不安は有ったが、昼頃から晴れ間が出るとのことでその予報を信じてかねてから予定していたハイキングに出かけた。
 場所は外秩父の大霧山から登って二本木峠〜皇鈴山〜登谷山へと歩いて寄居の駅が終着点の約20km程の長丁場だ。
 しかし比較的登、下降が少ないルートなので、天気さえ良ければ快適な歩きが期待出来ると思ってこのルートを選んだのだが果たして・・・?。
 そして次の週18日は七峰縦走のハイキング大会が実施されてそれに参加する予定なので、今日はその足慣らしという意味も含まれて居た。
 振り返って見ると3月28日からほとんど毎週のようにこの七峰縦走コースのどこかしらを歩いているのだが今日はその仕上げの日とも言える。

 そんな訳で今日はS倶楽部の仲間と4人で歩く事になっている。

 東武東上線小川町駅発白石車庫行き9:10分のバスへ乗車・・・という事で待ち合わせたが今日は土曜日とあってで乗客が多く臨時バスが出るようだ。
 定刻よりもやや早目の出発で9:20には既にバス停に到着できた。
 経塚バス停から西側の方角に一本の道があってそこからハイキングコースの標識を確認して歩き始めた。 
 最初は緩やかなアスファルトの道で旧定峰峠に向かって登っていく、途中から山道になって徐々に急になってくるがKUROさんが先頭を切ってハイピッチで登ってくれるので有難い。
息を切らしながらついていくがどうしても遅れ気味になる、やがて山みちの交錯する旧定峰峠を右に折れて急登して行く。
 ここからは前回歩いている道なので多少気が楽だ。
 急登するピークの上に標識が見えるがそこは大霧山ではなくてただの案内標識だ。
 そこを右に90度カーブして登っていくと、するとそこが大霧山の山頂であった。
 空気が澄んでいれば西上州や浅間山などが見えるはずなのだが・・・残念ながらあまり遠望は出来なかった。
 ここで記念写真を撮ったりして少しのんびりしたあと急な道を粥新田峠へと下った。
 ここからは舗装された車道歩きになる、前回はここからそのまま橋場バス停へと下ったのだが、今日は途中左に折れて秩父牧場へと向かった。

 15分ほどで牧場に着いた・・・ここにはここで採れた牛乳を使った新鮮な牛乳やソフトアイスが販売されている。
 せっかくの訪問なのでそれらを味合わない手はなく休憩がてらアイスクリームを戴いた。
 この周辺はモーモーハウスや羊の放牧などが見れて ゆったり〜 のんびり〜 とした雰囲気が漂って居る。
 その雰囲気を充分に満喫したあと次の目的地二本木峠を目指した。
 さっきも書いた通りここからはほとんどがアスファルトの道で、皇鈴山と登谷山の周辺だけが少し山道があるだけなので極めて楽な行程になる。
 やがて二本木峠に着いたが果たしてどの木がこの峠名の由来となったのか・・・私には解らない。
 そこから緩やかな登りになって階段を上がっていくと左手に桃の花のようなピンクの花園が見えててきて間もなく皇鈴山に到着、ここでヒルメシ休憩とした。
 ここには東屋があり既に10数名のハイカーたちが賑やかに休憩中であった。
 


 

大霧山への案内標識

桜咲く道を歩く・・・秩父牧場付近

10:38

9:25

大霧山山頂

粥新田峠

11:05

秩父牧場でソフトアイス

11:21

モーモーハウス

羊の放牧

11:30

11:23

二本木峠

12:15

12:34

皇鈴山

登谷山

13:33

13:52

釜伏峠

 私たちもゆ〜っくりと食事休憩後登谷山を目指したがほんのひと登りで登谷山に着いた。
 ここからは寄居の町が良く見えた

 そしてここへの登りが最後で、後はずぅ〜ッとずっと下りとアスファルトの平な道を歩く事になる。
 少し下ると登谷高原牧場だ・・・と言っても今はただその建物があるだけで閉鎖されている。
 この前2月14日のバレンタインデーに訪れた時はまだ名残雪が有ってペルシャ猫2匹が私を歓迎してくれたのだが、今日はその出迎えすらない・・・あの時のあの猫はいったいどこへ行ってしまったのだろう?・・・ふとそう思った。2ヶ月前のあの時とは全く様相が変わっていたのである。
 

13:53

釜山神社の狛犬

登谷牧場

 今日の牧場は桜がちょうど見頃で桜の向こうには登谷山の電波塔がその花越しに見え隠れしていた。
 その花びらの合間には青い空が美しい。

 釜伏峠から左へ釜伏山、日本水への道を分けて右方向へくだっていく、左手には釜山神社の狛犬が2匹、その参道を守るように忠実そうに鎮座していた。


 そうしてここからはなだらかな下りの道を中間平入り口〜中間平寄居の町へ入り、折原駅の踏み切りを通過,,、荒川の橋を渡って行く(その眺めが美しい)・・・そうして長いナガイ車道歩きを終えると漸く寄居の駅に到着した。


 駅にはS倶楽部のTコミュニティーのM太さんが待って居てくれたので、そこで合流・・・駅前のレストランでビールで乾杯しながら楽しく歓談して今日の山歩きの幕を閉じたのであった。

13:40

橋の上から荒川を眺める
クリックで拡大

16:06

登谷牧場の桜
クリックで拡大

13:43

今日のまとめ
川越市駅8:13−小川町駅8:50
小川町駅9:05−バスー経塚バス停9:20
経塚バス停9:25−旧定峰峠10:02−大霧山10:38−粥新田峠11:05−秩父高原牧場11:20−二本木峠12:15−皇鈴山12:34〜13:15−登谷山13:33−登谷高原牧場13:40−釜伏峠13:52−中間平14:25−折原駅踏切15:43−荒川16:06−寄居駅16:18
 ビールで乾杯&歓談(16:30〜17:00)
寄居駅17:21−川越市駅18:16
 総歩行距離は20kmを若干欠けるぐらいだと思います。
 総行動時間は9:05〜16:18=7:08でした。
 
 今日は東武東上線主催の外秩父縦走ハイキング大会の足慣らしという事で企画したハイキングであったが天候に恵まれてとっても気持ちのよい歩きが出来た。
 そしてKUROさんが持ち前のパワーとスピードで、みんなを引っ張ってくれたので誰も途中リタイヤせずに最後まで歩けて良かったです。

HOME